マインド編

「お金になる仕事」が君の夢を潰すかもしれない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仕事とお金

「とりあえずお金のために」って稼ぎのいい仕事に付く人っていますよね。

お金がないと行きていけないのはホントだから、どうせ働くならたくさんお金が欲しい気持ちも分かります。
何かの理由で大きなお金が必要になって、そのためにお金になる仕事を選ぶという場合もあるでしょう。

でも、そっちに目が行き過ぎると、本当にやりたい事を見つけるチャンスを逃しちゃうかもしれないって事も覚えといてください。

これは僕の知っている、ある女性の話なんですが・・・

その人はいわゆるホステスさんをしてました。
理由は単純に「稼ぎがいいから」です。

別にお金に困ってたわけでもないけれど、やりたい事のためにお金を貯めたいから、ある程度やって引退するというつもりもりでその業界に入ったらしいです。

確かにお金は普通のOLより稼げる。
でも、生活が不規則で夜遅くまでお酒を飲むから体調も壊しやすくなるし、なかなか他の事をやる余裕ができないわけです。

で、そろそろ潮時だろうと、20代半ばを過ぎた時に一度は水商売を引退しました。

その後は食品工場で仕事をしながら自分の夢を叶えようとしてたんですが、その時に水商売の経験がマイナスになったんです。

水商売では時給で言うと3000~5000円くらい稼いでた。
でも、工場での仕事は時給800円。
まる一日頑張って働いても、お客さんと一緒に2時間お酒を飲んでおしゃべりするのより収入が少ない・・・

夜のお仕事

そんな事実に段々虚しさを感じるようになってしまったそうです。
結局彼女はその収入格差に耐えられず、また水商売の世界に戻ってしまいました。

僕は別に、水商売がダメなんて言いません。
その道でスキルを磨くのも、そういうお店の経営者を目指すのも立派な夢です。

でも、目先のお金だけに惹かれて続けたら、それこそ本当にやりたい事をするチャンスを逃すことになりかねません。

やりたい事がある。
今の収入を失いたくない。

知らない間に若い時分の時間を切り売りして、気がついたら年をとって、「自分には何もない」と思う。

そんな人がたくさんいるってことは、どうか知っておいて下さい。

しかもこれ、大して高収入じゃない仕事でも起こる事なんです。

とりあえず、今の自分にできる仕事がある。
転職したりしたら、収入が下がりそう。
それだけの理由で、現状維持のためだけにずっと続けてる人がいます。

そして年をとってから、もうそこから抜け出せなくなってる自分に気づく。

目先のお金のために人生を犠牲にしちゃったら、少しくらいのお金なんて何の意味もないですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

行動開始のための7日間プログラム

行動開始のための7日間プログラム



  • 自分が何を望んでいるか、何をしたいかが分からない

  • やるべきことがあるのに、腰が重くて行動に移せない

  • 何かを始めても、すぐに挫折してしまうことが多い


「行動できる人」「続けられる人」になるためには、正しい方法を知ることが重要です。

ぜひこの無料のプログラムを利用して、君自身の人生を変える第一歩を踏み出してください。


詳細・無料受講はこちらから

コメントを残す

*