ナレッジ編

一生続けられる仕事を探してはいけない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ライフワークを探す

「自分が本当に何をしたいのか分からない。」
「将来の夢が見つからない。」

そういう事に悩んでいる人は少なく無いと思います。

そして中には、色々なことに挑戦してみてはいるものの、
「アレでもないし、これもちょっと違うかも・・・」
という堂々巡りの中にいるという人もいるでしょう。

だとしたら、まず確認したいことがあります。

もしかして、
「一生続ることを探そう。」
なんて考えていませんか?

ちょっと興味のあることが頭に浮かんでも、
「本当にやり続ける価値があるかな?」
「途中で嫌になったりしないかな?」
と思って、それを繰り返していませんか?

だとしたら、今すぐにそれを頭から振り払って下さい。

本当にやりたい事なら、それは「ずっと続けられる事」だろうと考えるかもしれません。

でも、「打ち込めることを見つけたい」と考えるような真面目な人は、考えすぎるせいで「見えない未来」に縛られてしまうことがよくあります。

でも、そこまで先回りして考えなくていいんです。

僕はよく「やりたい事を探しましょう!」というような事を言います。

でもそれは、「ずっと続られること」である必要はないんです。

いいんですよ。途中でやめても。

他にやりたい事があったら、やめてそっちに移たっていい。

他人から見たら無駄で落ち着きがなく見えるかも知れませんが、そんな事は無視しましょう。

もともと浮気症でなんでもつまみ食いしていて、それを全く気にしていない人なら、ある程度の「粘り強さ」を鍛える必要はあります。

でも、なかなか行動できずにグズグズ悩んでいることの方が多い、という人なら話は別です。

いいですか?

大切なことなのでよく聞いて下さい。

ライフワーカーの多くは、
「思い立ったら、とりあえず行動する」
っていう習慣を持っています。

行動力

いや「多くは」というより、これはライフワーカーになる必須条件と言ったほうがいいかもしれません。

これに対して、潜在能力を持ってるのにいつまでくすぶってる人の共通点が、
「考えすぎて行動できない」
ということです。

もしかしたら、自分がやりたい事はアレかもしれない。
いや、コレも面白そう。

そう思いつつ、「いつかやること」だけが借金みたいにどんどん溜まっていく。

まずは何よりも、その悪循環から抜け出すことです。

3日でやりたい事が変わったっていいんです。

それをやってみたなら少なくとも。
思った→やってみる
っていう行動力をつけるトレーニングをした事になるんですから。

そしてこれは、ライフワーカーになるために必須な能力なんです。

ちなみに、僕が最初にやってみたいことは株とか為替の投資でした。

相当勉強して、分析のために簡単なプログラミングも覚えました。

しかし残念ながら、それは仕事になってないです(苦笑

後から考えれば、本当にやりたかったことともちょっと違ってんでしょう。

能力が十分でなかったということもあると思います。

でも、その時に費やした時間を、僕は無駄だと思っていません。

その経験を通してパソコンのスキルも上がったし、経済についても詳しくなったおかげで、パソコンさえあればどこにいてもお金が稼げるようになったわけですから。

いくら考えても、途中で方向転換は必ず必要になるんです。

実際のところ、ライフワークを見つけて楽しそうに生きている人でも、やりたい事が変わるのなんて珍しくありません。

もちろん、最初に見つけたものが「一生モノ」のライフワークになるという人も中にはいると思います。

でも、そういう人は結果としてそうなっただけで、
「一生これを続けられるか?」→「うん。大丈夫だなスタートしよう。」
なんて思ってなかったはずなんです。

楽しそうなことを初めて、やっているうちにもっと夢中になって、気付いたら続けてた。

そういうものだと思いませんか?

だから、まずは考えてみてください。
「今、何がしたいのか?」
ということを。

それを最初の踏み台だと考えて、まずは最初の第一歩を踏み出しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

行動開始のための7日間プログラム

行動開始のための7日間プログラム



  • 自分が何を望んでいるか、何をしたいかが分からない

  • やるべきことがあるのに、腰が重くて行動に移せない

  • 何かを始めても、すぐに挫折してしまうことが多い


「行動できる人」「続けられる人」になるためには、正しい方法を知ることが重要です。

ぜひこの無料のプログラムを利用して、君自身の人生を変える第一歩を踏み出してください。


詳細・無料受講はこちらから

コメントを残す

*