ナレッジ編

君の仕事はどっち?「ライフワーク」と「ライスワーク」という2つのスタイル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ライスワークとライスワーク

僕のところに寄せられる相談の中で特に多いのが「就職」「転職」に関するものです。

就職活動をしてこれから社会人になるという段階ではもちろんですが、仕事をやめて転職活動をする時にも迷いが出てくるんですよね。

「何を選んだらいいか分からない・・・。」

「自分が何をしたいか分からない・・・。」

「私は一体、何に向いてるんだろう?」

どうせなら自分に合っていることや、やりがいを持ってできることを仕事にしたいと思うのは当たり前。

でも僕は、仕事選びには2種類の考え方があると思っています。

これは仕事選びにダイレクトに関わってくることなので、今回はこの「2種類の仕事」についてシェアしてみましょう。

ライスワークとライスワーク

仕事の区分にはいろいろありますが、この「2種類の仕事」というのは、その仕事をしている人が自分自身の仕事をどう捉えているかによって分けた場合の話です。

その2つとは、「ライフワーク」と「ライスワーク」

ライフワークというのは文字通り「一生の仕事」ですね。

自分がやりたいと思うことをやり続ける、一生それに関わるモノという意味です。

場合によっては途中で変わることもありますが、少なくとも本人はその仕事をしている時には「自分はこの仕事で生きていく」と考えているわけです。

僕がいつも言っている「ライフワーカー」っていうのは、そういう仕事をして生きているような人のことです。

もう一方で、ライスワークというのは「食べるための仕事」。

これはその名の通り、ごはん(ライス)を食べるためにする仕事っていうことですね。

食べていくためのライスワーク

僕が以前そうだったように、多くの人にとって「仕事」というものは後者のライスワークを指すことが多いんじゃないでしょうか。

「どっちが大事か?」ということを考えるのなら、と言うなら、はっきり言って「両方大事」でしょう。

「仕事」という言葉の意味はけっこう広いので、場合によっては「無償での人助け」がライフワークだという人もいるわけですが、生きていくために最低限のお金は必要です。

だから、ライフワークだけで生きていけるとは限らない。

逆にライスワークだけをしていて、何の楽しみもやりがいもなけだけでは、生きていても虚しくなってしまいます。

最高なのは、
ライフワーク=ライスワーク
つまり好きな事が仕事になっている状態ですが、いきなりこれを実現するのはとても難しいと思います。

大体の場合、好きな事は「お金を払って」やるものが多くて、自分がお金をもらう側に立つには、そのための工夫や準備に時間がかかります。

ましてや、
「自分が何をしたいかわからない・・・」
という状況ではなおさらです。

「やりがいのある仕事を探しているんですが、そう思えるものが見つからないんです・・・」
という人もいますが、就職情報誌や転職サイトに載っている求人(ハローワークは論外)の中から、自分が一生やっていきたいと思えるような仕事を探し出すのは恐ろしく難しいでしょう。というか、不可能と言っていいと思います。

そこで、僕から一つ提案があります。

自分が何をしたいか分からなくて仕事が選べないのなら、いっそ将来のライフワークのために、まずはライスワークの方を追求してみてはどうでしょう?

つまり「お金を稼ぐための仕事」と割りきって、その条件にこだわるということです。

ライフワークを探すには時間がかかるのが普通です。

今日、明日というよりは、年単位で考えるべき問題だと思っておいたほうがいいでしょう。

だとすると、今の段階で何を選ぼうと、どこかで方向転換が必要になることはほぼ間違いないわけです。

それならライスワークとして「条件のいい仕事」を選ぶことに集中してもいいんじゃないでしょうか?

何かをやろうと思い立った時、やたらと労働時間が長くて給料の安い仕事に就いていると、身動きが取れなくなる事もよくあります。

給料≒生活費
という状態だと、ロク貯金もできずに「貧乏ヒマなし」になってしまいます。

さらに労働時間が長かったりすれば、お金も時間もない追い詰められた生活を送ることになって、勉強したり起業したりする余裕がないということになるわけです。

逆に、条件のいい仕事に就いていると、
・仕事の後や週末には時間が確保できる
・勉強などにお金をかける余裕がある
・すぐに仕事をやめても生活に困らない
という状態をつくることができます。

実、は僕が独立する前の仕事を選んだ時の基準が、この「ライスワークとしての質」でした。

僕の場合、お金に関しては副業で稼ごうと思っていたので、給料の額に関しては「生活が維持できればOK」でしたが通勤距離や残業時間には徹底的にこだわって選びました。

なので、今もしも君が仕事選びに迷っていて、さらに「何をしたいかが分からない」でいるとしたら・・・

割りきって「有利な条件のライスワーク」を探してみるというのはどうでしょうか?

もちろん面接で志望動機を聞かれた時に
「給料が高いからです!」とか
「残業したくないのでw」
と言うのはやめておきましょう(笑)。

大人なら、本音だけではなく「建前」としての志望動機を用意しておく必要はありますからね。

とにかく、この世は資本主義経済。

お金がなくては暮らしていけないし、ライスワークをきっちりやっておかないと、ライフワークを考える余裕すら無くなるという事は覚えておいて欲しいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

行動開始のための7日間プログラム

行動開始のための7日間プログラム



  • 自分が何を望んでいるか、何をしたいかが分からない

  • やるべきことがあるのに、腰が重くて行動に移せない

  • 何かを始めても、すぐに挫折してしまうことが多い


「行動できる人」「続けられる人」になるためには、正しい方法を知ることが重要です。

ぜひこの無料のプログラムを利用して、君自身の人生を変える第一歩を踏み出してください。


詳細・無料受講はこちらから

コメントを残す

*