マインド編

ライフワークの在り方を教えてくれる「メキシコの漁師」の話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メキシコの漁師の話

僕は別にお金持ちではないですが、好きな仕事をしながらサラリーマン時代よりもずっと経済的に恵まれた生活をしているので、相談を受けることも多いです。

「お金を稼ぎたいんですが、どうすればいいでしょう。」
「今の収入のままでは、将来が不安です。」

これは生活のことを考えれば当然だと思います。

今の世の中、お金がなければ住む場所も食べるものも、着るものも満足に確保できないですからね。

そして今日はお金の持っている意味について、面白い話をシェアしたいと思います。

有名な話なので知っている人も多いかもしれませんが、そのとらえ方は人それぞれなのが面白いエピソードです。

なので「どんな教訓が得られるか?」ということに注目して読んでみて下さい。

メキシコの漁師と旅行者の話

メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。

メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。

その魚はなんとも生きがいい。それを見たアメリカ人旅行者は、

「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの?」
と尋ねた。

すると漁師は

「そんなに長い時間じゃないよ。」
と答えた。旅行者が

「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ。」
と言うと、
漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。

「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの?」
と旅行者が聞くと、漁師は、

「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。
戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。

夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、
歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね。」


すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。


「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、
きみにアドバイスしよう。

いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。
それであまった魚は売る。

お金が貯まったら大きな漁船を買う。
そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。

その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。
やがて大漁船団ができるまでね。

そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。
自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。

その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、
ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。
きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ。」

漁師は尋ねた。

「そうなるまでにどれくらいかかるのかね?」

「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね。」

「それからどうなるの?」

「それから? そのときは本当にすごいことになるよ。」
と旅行者はにんまりと笑い、

「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ。」

「それで?」

「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、
日が高くなるまでゆっくり寝て、 日中は釣りをしたり、
子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、
夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、
歌をうたって過ごすんだ。 どうだい。すばらしいだろう?」

ビーチ

この話を読んで思うこと

この話は素直に文章だけを見れば、経営学の考え方をベースに
「とにかくたくさん稼ぐ!」
という考え方がバカバカしく感じるかも知れません。

「確かにお金はあればあるほど幸せか?」
というと、そうではないと僕も思います。

ちゃんと家があって、食べ物があって、体が健康で、大きな心配事がなければ、少ないお金で楽しむ方法はたくさんありますからね。

逆に、お金をたくさん持っていても、今度はそれを失うのが怖くなったり、お金目当てで寄ってくる人が出てきたりして、悩みのタネが増えることもあるわけです。

実際に「年収」と「幸福度」の統計データを見てみても、一定の年収を超えると、それ以上たくさん稼いでも幸福度は上がらなくなるそうです。

その境目は600万円と言われていたり、1000万円と言われていたり諸説ありますが、
「金額=幸福度ではない」
という点では共通しています。

600万、1000万というと高収入と思うかもしれませんが、これくらいならそこそこの会社のサラリーマンでも達成できる収入です。

決して「成功者」と呼ばれる存在にならないと稼げないお金ではないですよね。

だったら、そこそこの会社に入って、安定した収入を目指すのが一番なのでしょうか?

一定の金額が稼げていれば、あとはお金のことを考えなくてもいいのでしょうか?

実を言うと、話はそう単純ではありません。

ここで、さっきのメキシコの漁師の話に戻りましょう。

分かりやすいように、最初に出てきた田舎町の、必要な分だけ漁をする漁師を「メキシコの漁師」。

旅行者が提案していた、会社を設立してニューヨークに進出し、お金持ちになって引退した漁師を「アメリカの漁師」とします。

メキシコの漁師もアメリカの漁師も、一日の暮らしぶりに大きな変わりはありません。

両方とも、ゆっくり寝てから魚をとって、その後は家族と過ごして、夜は友達と楽しむという幸せな生き方をしています。

しかし・・・

メキシコの漁師は、もしも怪我をして自分で魚をとれなくなったら、そこで生活が成り立たなくなります。

仮に本人が元気でも、気候の変化や災害などで漁ができなければ、やっぱり食べていけなくなるでしょう。

自分だけでなく、家族が病気になったりしても、十分な治療を受けさせてあげることができません。

それに対して・・・

アメリカの漁師は、生活のために魚を捕っているわけじゃありません。

生きていくためのお金は十分に持っていて、好きで釣りや漁をしているだけです。

だから怪我や病気で魚をとれなくなっても生活していけるし、家族に何かあっても支えてあげることができます。

つまり、表面的には同じに見えても、それを支えているものの安定性が全く違うということです。

そしてこれは、職業に関わらず言えることではないでしょうか。

サラリーマンなら「会社が潰れたら終わり」ではメキシコの漁師と同じ状況です。

経営者だとしても「一つの商品が売れなくなったら倒産」では、とても安定したビジネスとは言えないので、やっぱりメキシコの漁師型の生き方です。

アメリカの漁師のように大規模なビジネスを目指すかどうかは別として、「今が良ければOK」では危ないわけです。

自分の置かれている状況を冷静に考えて、多少のハプニングには耐えられるようにしておく必要があるでしょう。

サラリーマンなら、転職しても使えるようなスキルを身につけるとか、副業を持つようにするとか、将来のために投資の勉強をするという手もあります

経営者なら、常に新しいベジネスの機会を探したり、リスクを分散したビジネスモデルを考えていかないと危険です。

そういう備えの重要性を頭に入れて見ると、この話の意味も若干違ってくるんではないでしょうか。

それともう一つ。

僕が本当に目指すべきだと思うのは「生活のために働く」という状態から抜け出すことです。

別においしい魚を捕るために漁に出てもいいし、汗水たらして農作業をやってもいいし、デスクワークでパソコンや書類と格闘してもいいでしょう。

でもそれを「楽しいからやっている」のと「やらなければ生活できない」のでは、全く意味が変わってくると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

行動開始のための7日間プログラム

行動開始のための7日間プログラム



  • 自分が何を望んでいるか、何をしたいかが分からない

  • やるべきことがあるのに、腰が重くて行動に移せない

  • 何かを始めても、すぐに挫折してしまうことが多い


「行動できる人」「続けられる人」になるためには、正しい方法を知ることが重要です。

ぜひこの無料のプログラムを利用して、君自身の人生を変える第一歩を踏み出してください。


詳細・無料受講はこちらから

コメントを残す

*