ナレッジ編

最初に決めるべきなのは、こういう目標なんです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目先のゴール

さて、今回は「やりたいこと」を探す上ですごく重要な事を書いておきましょう。

君も焦らされるとイライラすると思うので、最初に結論から行きますね。

やりたいことや夢、目標を探す上でとても大事なこと。

それは、最初からはっきり「これだ!」と思えるものを見つけようなんて思わないことです。

意外かも知れませんけど、きちんと目的や目標があって、それに向かっている人にしたって、「これぞ自分の生きがい」というものを持っている人は少ないんですよ。
まあ、中には最初からハッキリした目標を持ってる人もいなくはないんですけど、そういう人は超レアだと思って下さい。

少なくとも、僕の周りにはそんな人一人もいません。

ほとんどの場合は、最初はぼんやりしたイメージとか願望みたいなのだけがあって、あとはその人が色々な経験をする中でちょっとずつハッキリしてくるんです。

ぼんやりした夢

例えば僕の場合、一番最初にやりたいと思ったのは、
「会社に雇われなくても自分の力で食べていけるようになりたいなぁ。」
でした。

全然具体的じゃないですよね(笑)。

そこからスタートして、投資の勉強をしてみたり、インターネットで物を売る方法を研究してみたりしながら、

「あ、これが自分のやりたいことなんだな。」
というものが見えてきた感じです。

そうなるまでに、だいたい10年くらいかかりました(苦笑)。

ちなみに僕の友人の一人は、
「最初は自分の趣味を仕事にしたい。」
っていうところからスタートしたんですが、ビジネスで成功してからは発展途上国に学校を建ててみたり、ボランティア的な活動に熱心なようです。

別の例だと、僕に仕事の方法を教えてくれるある億万長者は、
「もっとお小遣いがほしい。」
っていうのが最初の目的だと言ってました(笑)

でもお小遣いどころじゃない金額を自由に動かすようになってからは、文章を書いたり人に自分の何かを教えることの方に興味があるみたいです。

要するに、
1.「俺のゴールはこれだ!」と気付く
2.それに向かって頑張る
っていう感じじゃないんですよ。

実際は、
1.「こんな事ができたらいいな!」と、とりあえず考える
2.それをやってみる
3.やりながら、さらにやりたい事がはっきりしてくる
4.微妙な軌道修正をしながら、だんだん本当にやりたい事に近づく

これが普通だってこと。

だから最初に必要なのは、とりあえず君の重い腰を上げて、
「とりあえずやってみるかぁ。」
って思える事だけなんです。

で、何かをやりながら、必要な場合は軌道修正すればいい。

最初から回り道することを嫌がってると、スタートしないうちから時間だけがどんどんなくなっちゃいますからね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

行動開始のための7日間プログラム

行動開始のための7日間プログラム



  • 自分が何を望んでいるか、何をしたいかが分からない

  • やるべきことがあるのに、腰が重くて行動に移せない

  • 何かを始めても、すぐに挫折してしまうことが多い


「行動できる人」「続けられる人」になるためには、正しい方法を知ることが重要です。

ぜひこの無料のプログラムを利用して、君自身の人生を変える第一歩を踏み出してください。


詳細・無料受講はこちらから

コメントを残す

*