ワーク編

次の4種類のうち、どの行動に時間を使っていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4つの行動

君は今日一日、何をして過ごす予定ですか?
または今、何をしているでしょうか?

今日は行動の内容と、その重要性についての話をしたいと思います。

人間の行動をその重要性と緊急性に基いて分類すると、4つのカテゴリーに分けられるという考え方があります。

まず、重要性について分けるなら、
・とても重要なこと
・あまり重要でないこと
の2つですね。

で、緊急性については、
・緊急性が高い(すぐにやらなければならない)こと
・緊急性が低い(すぐにやらなくても大丈夫)なこと
の2つです。

そしてこれらを一緒にすると、
1.重要で緊急性が高いこと
2.重要だけど緊急性が低いこと
3.重要ではなく緊急性が高いこと
4.重要ではなく緊急性も低いこと
の4つのカテゴリーになります。

4つの行動カテゴリー

これだけだとちょっとわかりにくいと思うので、実例を挙げてみましょう。

1.重要で緊急性が高いこと

これは、
・今すぐ学校や仕事に行かなくちゃならない
・急ぎの仕事を頼まれたとか
・大事な電話に出なきゃいけない!
みたいなことですね。

タイムカード

こういう事はやらなければ後で困ったことになりますし、先延ばしにするのも難しい行動です。

2.重要だけど緊急性が低いこと

これは、
・将来に備えて何か勉強をする
・健康維持のために体を鍛える
・仕事を効率化するためのアイデアを考える
みたいなことです。

勉強

こういう事はすぐにやらなくても困らないし、場合によっては延々と先延ばしにしても、とりあえず生きては行けるものです。

ただし、先のことを考えればやるべきことなので、重要度としては高い行動です。

3.重要ではなく緊急性が高いこと

・単なるおしゃべりのための電話に出る
・特に「用事」ではないLINEやメールに返信する
・飲み会の誘いに応じる、
・形だけの会議や打ち合わせに参加する

そのタイミングでないと出来ないけれど、
内容的には対して重要じゃない行動がこれらのものです。

電話を受ける

誰かにとっては重要かもしれないけれど、
自分にとっては重要じゃないという事になるかもしれません。

4.重要ではなく緊急性も低いこと

これは言ってみれば、単なる暇つぶし。

・スマホでゲームをする
・テレビをボーッと眺める
・荷物の包装に使うプチプチを潰す(笑)
というような行動です。

テレビを見る

こういうことは今すぐやる必要も無ければ、やらないと不都合があるわけでもありません。

とまあ、こんなところです。

そして4つのカテゴリーの解説が終わったところで僕が何を言いたいのかというと・・・

2番目の
「重要だけど緊急性が低いこと」
に使う時間をどれだけ取るかで、人生の質が決まるということです。

学生や社会人である場合、学校や会社では1番目の「重要で緊急性が高いこと」に使う時間が多くなるでしょう。
授業に出なければ進級できなかったり単位がもらえないし、上司の指示に従わなければクビになるからです。

それなのに、朝や帰宅後週末の時間まで、ゲームや遊びなどの「重要ではなく緊急性も低いこと」に費やしていたら、あっという間に年月は過ぎていってしまいます。

そうすると、就職のための選択肢は限られることになったり、会社に入っても出世できる可能性が小さくなったりします。
余暇を遊びにばかり使っているような人は、起業することもできないでしょう。

人の上に立つことも、そして独立することもなければ、ずっと誰かの指示に従って生きることになるので、「重要で緊急性が高いこと」の割合も減りません。

その結果として待っているのは、目の前のことに追われる時間ばかりの人生です。

逆に、自分が確保できる時間を、緊急ではないけど重要な「未来への投資」に使ったらどうなるでしょうか?

自分の能力を高めることに時間を使えば、会社にいても自分の裁量でできることが多くなるし、誰にも頼らずに自分のビジネスで稼ぐ道も開けるでしょう。

そうなれば、さらに自由な時間が増え、それをまた「重要だけど緊急性が低いこと」に費やせるようになっていきます。

そうやって、
・目の前のことに追われるだけの人
・どんどん将来の可能性を広げる人
この2つの差はどんどん開いていくことになるわけです。

ぜひ一度、「行動開始のための7日間プログラム」に出てくる「タイムログ」のワークを、時間の記録だけでなく、行動の内容の分析にも使ってみてください。

やり方は簡単。

エクセルなどで行動を記録するときに、
重要で緊急性が高いこと・・・赤
重要だけど緊急性が低いこと・・・青
重要ではなく緊急性が高いこと・・・緑
重要ではなく緊急性も低いこと・・・黄色
というように色分けしてみるだけです。

重要でないことに費やしている時間が多いようなら、一日の行動を見なおしてみるべきだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

行動開始のための7日間プログラム

行動開始のための7日間プログラム



  • 自分が何を望んでいるか、何をしたいかが分からない

  • やるべきことがあるのに、腰が重くて行動に移せない

  • 何かを始めても、すぐに挫折してしまうことが多い


「行動できる人」「続けられる人」になるためには、正しい方法を知ることが重要です。

ぜひこの無料のプログラムを利用して、君自身の人生を変える第一歩を踏み出してください。


詳細・無料受講はこちらから

コメントを残す

*