ワーク編

君がどんなに時間を無駄にしているかがこれで分かる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイムログ

君がやりたい事を見つけるまでには、情報を集めたり、何かを試しにやってみたり、色々と考えたりする必要があるでしょう。

で、何かやりたいことが見つかって目標ができたとしても、やることはたくさんあるはずです。

そうすると、どんなやり方をしようと必要になってくるのが「時間」という資源です。

そこで今回は、君が一日の時間をどんな風に使っているかを記録してみましょう。

それが「タイムログ」です。
タイムログは時間の記録。
言ってみれば「時間のおこづかい帳」みたいなもんです。

おこづかい帳には、無駄遣いを防ぐ効果がありますからね。

ところでこの「タイムログ」は、僕が提供している「行動開始のための7日間プログラム」の中の1ステップです。

ここでは文字数の都合から必要最小限の説明にしていますが、もう少し詳しく知りたいという場合は、是非「行動開始のための7日間プログラム」を受講してみてください。(今のところ無料で受講できます。)

さて、話を続けましょう。

まず、方眼紙やエクセルのシートなど、細かいマスのあるフォーム(紙の場合は用紙)を用意して下さい。

個人的には紙で記録するより、パソコンの方が計算が簡単なのでお勧めです。

で、そこに時間を区切っていきます。
区切る単位は1マスが5分。

つまり、12個のマスで1時間になる計算ですね。

ここで横着して、10分1マスとかにしないように(笑)

と、準備はそれだけ。
あとは1日の過ごし方を5分単位で記録していきます。

5分間

ただし、全ての行動を事細かに記録する必要はありません。

例えば君がサラリーマンなら、会社で働いていた時間は「仕事」としてひとくくりで構いません。

食事とか、入浴、歯磨きなどの習慣も「生活行動」みたいにまとめていいでしょう。

ただし、電車での通勤時間とか仕事中の休憩時間など、君自身がどう過ごすかを選べる時間に関しては、何をしていたかちゃんと細かく記録して下さい。

携帯でゲームをいしてたのか
読書していたのか
テレビを見ていたのか
誰かとおしゃべりしていたのか
料理をしていたのか
お酒を飲んでいたのか
音楽を聞いていたのか
車を運転していたのか
特になにもせずにボーっとしていたのか

一日の記録が完成したら、その中で君が自由に使えた時間を合計してみましょう。

これには、完全な自由時間だけじゃなく、運転中や通勤時間、家事をしていた時間も含めてください。

「家族のために食事を作る時間は他のことには使えないんだけど・・・」
「満員電車で身動きが取れなかったんだけど・・・」
という場合でも計算に入れます。

例えばその時間にオーディオ教材を聞くとか、使い方によっては活用できる可能性があるからです。

・・・さて、どうでしょう?
全部合わせてみると、けっこうな時間の長さになるんじゃないでしょうか?

少なくとも理屈で言えば、それだけの時間が君の管理下にあるわけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

行動開始のための7日間プログラム

行動開始のための7日間プログラム



  • 自分が何を望んでいるか、何をしたいかが分からない

  • やるべきことがあるのに、腰が重くて行動に移せない

  • 何かを始めても、すぐに挫折してしまうことが多い


「行動できる人」「続けられる人」になるためには、正しい方法を知ることが重要です。

ぜひこの無料のプログラムを利用して、君自身の人生を変える第一歩を踏み出してください。


詳細・無料受講はこちらから

コメントを残す

*