やりたい事を具体化し、仕事にするためのwebサイト

ライフワーカー育成プロジェクト

知識とノウハウ

Meタイプ・Weタイプ診断を天職を見つける材料にしよう【1分判定】

更新日:

Meタイプ・Weタイプ診断を天職を見つける材料に【1分判定】

元底辺サラリーマン、現在は独立して好きなことを仕事にする「ライフワーカー」育成のプロジェクトに取り組んでいるROCKです。
・天職や適職の探し方が分からない
・自分にどんな仕事が合っているのかを知りたい
・やりたいことや将来の夢がない

こういう人に向けて、「Meタイプ」と「Weタイプ」という2つの性格タイプの診断機能を用意しました。

なぜ、このページを作ったのかと言うと、僕は多くの人がライフワーク(天職)や適職を見つけるための相談に乗ってきた中で、この診断が一つの参考になると考えたからです。

自分の本心というのは意外と自分では分からないことも多く、それがよく分かっていないと、本当にやりたい事が見つかりにくくなるということです。

このMeタイプ・Weタイプというタイプ分けは、もともとセラピストの石井裕之さんという方が「恋のWeタイプ・Meタイプ」という本の中で提唱したものですが、人の性格に関わるものなので、恋愛以外にも色々と応用ができると思います。

1分程度でサクッと判定できますので、ぜひ君の性格タイプを知って、ライフワーク発見の材料として活用してみて下さい。

この記事についてご質問・ご意見がある場合は、記事の下部にあるコメント欄からご連絡ください。原則として24時間以内に回答を掲載させていただきます。

Meタイプ・Weタイプの特長

eタイプとMeタイプのそれぞれの特長については「「人の役に立つ仕事」を探す人が夢を見つけられない決定的な理由」という選択」にも書きましたが、ここでざっと内容をおさらいしておきましょう。

Meタイプ

Meタイプ Meタイプは物事を「私」という視点を通して考えるタイプの人です。 周囲に合わせるよりも自分の価値観を優先し「自分がどう感じるか」という事が幸福感のベースになっています。

Weタイプ

Weタイプ Weタイプの人は物事を「私たち」という視点を通して考えるタイプの人です。 周りの人と感情を共有する力が強く、自分が他人との関係の中で「どういう存在なのか」という部分に幸せを求めようとします。

weタイプ・meタイプ診断

それでは早速、診断に入りましょう。全ての選択肢をチェックして、最下部の「診断」というボタンを押すと結果が表示されます。

なお、この診断は「どっちのタイプに当てはまるか」というよりも「どっちのタイプの要素が強いか」という風に考えるようにしてみてください。

Q1.子供の頃は自分の気持を
素直に言える方だった
なかなか言えなかった

Q2.誰かと2人で歩く時は
右側にいることが多い
左側にいることが多い

Q3.人と話す時は
理論的に話す方だ
感情的に話す方だ

Q4.落ち込んでいる時は
一人でゆっくり考えたい
誰かにそばにいてほしい

Q5.スポーツをするなら
個人競技が向いていると思う
団体競技が向いていると思う

Q6.両手を体の前で組んだ時に
右手の親指が上になる
左の親指が上になる

Q7.犬派か猫派かで言えば
猫派である
犬派である

Q8.人前で話をすることは
それほど苦手ではない
苦手な方である

Q9.大事な決断をする時は
一人で考えて決める
誰かに相談して決める

Q10.洋服を選ぶ時は
個性を大事にする
「浮かない」ことを大事にする

Q11.話す時の声の大きさは
大きい方である
小さい方である

Q12.動作やしぐさの速度は
どちらかというとのんびりしている
どちらかというとせかせかしている

Q13.人と話す時は
相手の目を見て話す
あまり目を合わせずに話す

MeタイプとWeタイプ、それぞれのライフワーク

MeタイプとWeタイプ、それぞれのライフワーク 僕の経験上、Meタイプの人は自分の能力を伸ばすことで大きな事を達成しようとする事が多いです。 仕事を探す時にも、どちらかというと自分の目標が先に決まっていて、それに合う場所を探しているような感じです。

そしてMeタイプの人は、自分の行動を他人に合わせようとすることにストレスを感じやすいので、その点に気をつけたほうがいいでしょう。

組織の中でストレスを感じるようであれば、フリーランスとして働いたり小さなビジネスで起業した方が充実した毎日を過ごせます。

現実問題として、たとえ独立を決心したとしても、すぐにそれを実行に移すのは難しいかもしれませんが、少しずつ準備を進めることで将来のプランが見えてくれば、精神的にはかなりラクになるはずです。

それに対してweタイプの人は、実際に人と関わっていく中で「あ、これ楽しいかも」と気づくことが多いです。

なので、meタイプの人が無理やり周りに自分を合わせて働こうとしたり、weタイプの人が大きな目標を設定してから行動しようとすると、なかなか結論が出ずに堂々巡りになりがちです。

このあたりについては「「人の役に立つ仕事」を探す人が夢を見つけられない決定的な理由」の記事に詳しくまとめてありますので、ぜひそちらを読んでみてください。

今回のまとめ

最後に、今回のポイントをまとめます。

ポイント

  • Meタイプの人は、自分の能力を伸ばす行動がライフワークにつながりやすい
  • Weタイプの人は、人と関わるような活動がライフワークにつながりやすい
  • 自分のタイプを知っておくと、ライフワークの発見に役立つ

<こんな人にオススメ>
  • 自分が何を望んでいるか、何をしたいかが分からない
  • やるべきことがあるのに、腰が重くて行動に移せない
  • 何かを始めても、すぐに挫折してしまうことが多い
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ROCK

底辺サラリーマン→webビジネスを学んで独立。
現在は現在は好きなことをする「ライフワーカー」を育てるミッションを遂行中。
ハンドルネームはドランクドラゴンの塚地さん公認(笑)。

-知識とノウハウ

Copyright© ライフワーカー育成プロジェクト , 2019 All Rights Reserved.